<< 株式会社C-lives 様 | main | 塩谷賢作 様 >>

Indra Gurung 様

0

    ★★★★★

     

    Indra Gurung 様

    ネパールを代表するバンスリ(竹笛)奏者 
    1965年ネパールの山岳民グルン族の村ラムトゥン村に生まれる。

    幼少の頃からネパールの太鼓マダルを演奏し、13歳の時に人気グループ
    「Annapurna Band」にバンスリ奏者として所属する。

    88年バンドと共に初来日し、八ヶ岳で行われた伝説のコンサート
    「NONUKES ONE LOVE いのちの祭り」に参加し明け方5000人の前で熱演する。
    TV番組音楽、CM音楽などで活躍
    6月10日(土)しんまつど幼稚園のエコパーティにゲスト出演!

    ネパールを代表するバンスリ(竹笛)奏者
    松戸市にある「しんまつど幼稚園」にて恒例のエコパーティ! フリーマーケットや、エコワークショップ、エコファッションショー、ほたるの夕べなど 様々なイベントが行われ、エコバンド(ライブ)には、毎年ゲストとして呼ばれ、 先生方や園児、来園のお客様とともにイベントを盛り上げている。

     

    Message

    1966年ネパールの山岳民グルン族の村ラムトゥン村に生れる。
    13歳の時に国民的人気グループ「Annapurna Band」に自作の竹笛バンスリ奏者として参加する
    88年バンドと共に初来日し、TV番組音楽、CM音楽などで活躍。
    八ヶ岳で行われた伝説のコンサート「NONUKES ONE LOVE いのちの祭り」に参加し、 明け方5000人の前で熱演する。
    「ライブは朝4時半ごろからだったんだけど、それでも皆集まってくれて、信じられなかった。
    ネパールでは音楽は皆好きだけど、そこまではやらないですよ。
    日本のお客さんは、あったかい心で、喜んでくれた。
    ライブだからお客さんが目の前にいて、泣いてて自分も感動した。
    何かmagicみたいなものがあったかもしれない。
    お客様からblessingをもらった。それでネパールへ帰っても、日本が気になった。
    「日本のお客様にもう一回会いたいし、聴かせたいと思った。日本でもっとやりたかった。」(Indra)
     いったん帰国するが、翌年、単身来日し、東京でソロの竹笛奏者としての活動を開始する。
    92年、弦楽器シタールやシンセサイザーと共に演奏する即興ユニット「DIPA」を結成。
    98年、「長野オリンピック」 01年「久保田一竹美術館」 04年「題名のない音楽界21」などに出演。
    来日より続けている「日本人とネパール人の文化交流」のためのチャリティコンサートのプロデュースも50回を越え、 音楽を通して日本とネパールのかけ橋としてさらなる活躍を期待されている、ネパールを代表するミュージシャン。



    posted by: drepro | アーティスト | 22:13 | comments(0) | - |
    コメント